負けるなコロナ

負けるなコロナ

コロナにまけるな

【格安の遺品整理業者】善クリーニング

遺品整理・生前整理の善クリーニング|優良事業所認定のプロにお任せください
tel

無料見積もり・ご相談

お焚き上げにかかる費用は?相場から依頼方法まで徹底解説!

お焚き上げとはなにか、費用ややり方など気になる事は多いかと思います。本記事ではそんな方に向けて、お焚き上げについて徹底解説していきます。

お焚き上げができないものや、お焚き上げをしたほうが良いものまで幅広く紹介していますので、ぜひとも参考にしてくださいね。

記事監修者紹介
管理人不用品回収・遺品整理マイスター遺品整理マイスター

一般社団法人遺品整理士認定協会
認定遺品整理士(認定者番号 24283)



不用品回収業者にて1年半の現場業務を経験。その後、作業オペレーティングや不用品のリサイクル・貿易業務に従事し、年間500件以上の不用品回収案件に携わる。
2019年4月より、本メディアをはじめとする不用品回収・遺品整理記事の監修を務める。

遺品整理士認定協会
zenのcta
 
tel
  • 無料お問い合わせ
  • line
card
  善クリーニングメディア掲載実績 

お焚き上げとは?どんな意味がある?

参照:https://m-ihinseiri.jp/article-service/memorial-service/

お焚き上げとは神仏にかかわる仏壇や仏具、人形などの思いのこもったものを焼いて供養することです。一般的には神社やお寺でお焚き上げは行います。

自宅の庭などで供養する方法もありますが、一般の方が行うと火災に発展する恐れがあるので、基本的には辞めておきましょう。

お焚き上げは、神様が宿るとされている仏壇や仏具をゴミとして処分をするのは良くない、人形などの思いがこもったものは魂が宿るため供養をする必要があるなど、精神的な面での意味合いが強いです。

お焚き上げはしなくても良い?供養は必要?

お焚き上げはしなくても良い?バチが当たるって本当?
お焚き上げはするべきなのか、気になる方も多いのではないでしょうか。結論から言えば、必ずしもする必要はありません。

日本では古来から、人形や遺品には魂がこもっているからお焚き上げをして供養をするという風習があります。仏壇や仏具・お守りなども同じような理由でお焚き上げが必要と言われてきました。

そのため、お焚き上げをしないとバチが当たると言われがちですが、信仰的な面を捨てれば何一つ問題はありません。

とはいえどれだけ問題ないと考えても、仏壇・仏具や思い出の強いものをそのまま捨てるのは精神的に辛い方も多いです。

そのため、シンプルにお焚き上げをしてスッキリしたいならお焚き上げをすればよいですし、何も気にならないならゴミとして処分しましょう。

お焚き上げの費用相場

お焚き上げの費用相場
お焚き上げの費用は、依頼するものによって変わります。ただ一般的な価格で言えば、5,000円~10,000円と考えておけば良いでしょう。

仏壇や仏具は大きく、手順も多いので、30,000円以上かかることもあります。ただ前述したように、お焚き上げは必ずしなければいけないわけではありません。高いと思ったのであれば、別の処分方法を利用しましょう。

お焚き上げの方法 費用相場 対応業者
合同供養 0円〜10,000円 お寺や神社、葬儀場、お焚き上げ業者、遺品整理業者
個別供養 10,000円〜100,000円 お寺や神社
現地訪問 20,000円〜70,000円 お寺や神社
神棚や位牌のお焚き上げ 10,000円〜30,000円 お寺や神社、葬儀場、お焚き上げ業者、遺品整理業者
段ボール1箱分のお焚き上げ 5,000円〜10,000円 お寺や神社、葬儀場、お焚き上げ業者、遺品整理業者

関連記事:仏壇を自分で処分する方法

お焚き上げのやり方・供養方法

お焚き上げのやり方・供養方法
続いて、お焚き上げのやり方や供養方法を紹介していきます。主な方法は以下の2種類です。

お焚き上げのやり方・供養方法

  • お寺や神社へ持ち込む
  • 郵送サービスを利用する

それぞれ見ていきましょう。

お寺や神社へ持ち込む

最も一般的な方法がお寺や神社へ持ち込む方法です。事前に申し込みをした後、車などにお焚き上げをするものを載せて、お寺や神社まで行きます。

あとはお寺や神社の方の指示に従ってお焚き上げを進めていきましょう。

郵送サービスを利用する

近くにお焚き上げができる場所がないのであれば、郵送サービスを利用するのも1つの手です。お焚き上げは郵送でも可能です。

大きな仏壇や仏具は利用できませんが、人形やお守りなどをまとめてお焚き上げして貰えますよ。

一般的にお焚き上げをしたほうが良いもの

一般的にお焚き上げをしたほうが良いもの
ここからは一般的に、お焚き上げをしたほうが良いとされているものを紹介していきます。

お焚き上げをしたほうがいいもの

  • 仏壇・仏具
  • 人形・ぬいぐるみ
  • 写真
  • お守り
  • 故人様が大事にしていた遺品

それぞれ詳しく見ていきましょう。

仏壇・仏具

仏壇・仏具はお焚き上げが必要です。仏壇・仏具は魂が宿っているとされているので、魂抜き(閉眼供養)をしてからお焚き上げを行います。

魂抜きをすることで、仏壇・仏具は神聖なものから一般的なものになり、お焚き上げができるようになります。

人形・ぬいぐるみ

人形やぬいぐるみも古来から災厄を引き受けてくれたり、魂が宿っていたりすると言われているため、お焚き上げをすることが多いです。仏壇や仏具ほどではありませんが、捨てるのに気が引ける方も多いため、お焚き上げをして処分をします。

思いのこもった人形やぬいぐるみほど、捨てるのに気が引けますので、精神的に捨てるのが辛い場合は、ぜひとも利用しましょう。

関連記事:人形供養を無料で行う方法

写真

写真もお焚き上げ供養が可能です。人形やぬいぐるみと同様に、思い出のあるものなので、ゴミとして処分をするのは気が引ける方が多いです。「要らないけど捨てられない…」と困っている方はお焚き上げを利用しましょう。

関連記事:遺品整理でアルバムや写真を処分する方法は?

お守り

お守りも神社や神様に関連するものなので、お焚き上げをしたほうが良いとされています。お守りの有効期限は基本的には1年なので、有効期限の切れたお守りがあれば、お焚き上げをしましょう。

ちなみにお守りはお焚き上げをしなくても、神社が回収していることがあります。

故人様が大事にしていた遺品

これまで紹介したもの以外のも、亡くなられた故人様が大事にしていた遺品があれば、お焚き上げをしたほうが良いです。

故人様の魂が遺品に残っていると考えられることもあるので、精神的に辛い場合は、ゴミとして捨てずに、お焚き上げを利用して楽になりましょう。

お焚き上げができないもの

お焚き上げができないもの
続いて、お焚き上げができないものを紹介していきます。いくら故人様が大事にしていたからと言っても、ものによっては焼くことができずに、ゴミとして処分するしかない場合があります。

お焚き上げができないもの

  • 精密機械
  • ビニールやプラスチック・ガラス製品
  • 焼くことで危険性が出てくるもの

それぞれ詳しく見ていきましょう。

精密機械

パソコンやスマートフォンなどの精密機械はお焚き上げできません。燃やすと有害物質が出てくるためです。このようなスマートフォンは家電量販店がリサイクルBOXで回収していることが多いので、そういったサービスを利用しましょう。

また抵抗がなければ、リサイクルショップやフリマアプリで売ることも可能です。

ビニールやプラスチック・ガラス製品

ビニールやプラスチック・ガラス製品も燃やすことで有害物質が出るためお焚き上げは不可能です。自治体の処分方法通りに、不燃ゴミや資源ゴミとして捨てましょう。

焼くことで危険性が出てくるもの

その他、焼くことで危険性が出てくるものはお焚き上げできません。簡単に言えば、不用品などの処分でお焚き上げは利用してはいけません。処分方法が分からない場合は、不用品回収業者などを使って一気に処分してもらいましょう。

「お焚き上げができない時の処分方法は」後ほど解説していますので、ぜひとも参考にしてください。

お焚き上げができない場合は?

お焚き上げができない場合は?
最後にお焚き上げができない場合の処分方法について紹介していきます。

お焚き上げのやり方・供養方法

  • 遺品整理業者へ依頼する
  • 不用品回収業者へ依頼する

ひとつずつ詳しく解説していきますね。

遺品整理業者へ依頼する

まだ遺品整理が終わっていない場合は、遺品整理業者に依頼してみましょう。本来お焚き上げが必要なものを、そのまま業者に預けて処分してもらえますし、お焚き上げができない不用品も回収してもらえます。

もちろん遺品整理のお手伝いもしてくれるので、非常に楽です。遺品整理前に、お焚き上げが必要なものがたくさんあると予想できる場合は、遺品整理業者がベターですね。

不用品回収業者へ依頼する

遺品整理など関係なく「お焚き上げができない」「不用品が多い」とお悩みの方は不用品回収業者がおすすめです。不用品回収業者は電話一本で即日に来てくれて、あっという間に不用品を回収してもらえます。

大きな仏壇や仏具でも問題なく回収可能です。無料見積もりを利用して、一度どれくらいの料金になるのか問い合わせてみましょう。

お焚き上げにかかる費用まとめ

お焚き上げは思い出の強いもの、魂が宿るとされているものを供養する際に利用しますが、必ずしも行う必要はありません。またお焚き上げができないものがあったり、場所によってはお焚き上げが困難な場合も多いです。

そんな時は思い切って業者に処分を依頼して、スッキリさせるのも1つの手ですよ。

tel

無料お見積もり・ご相談

line

line

無料お見積もり・ご相談

tel