負けるなコロナ

負けるなコロナ

コロナにまけるな

【格安の遺品整理業者】善クリーニング

善クリーニング
tel

無料見積もり・ご相談

数珠の処分方法・捨て方を徹底解説!お寺や神社で処分しよう!

本記事では数珠の処分方法・捨て方を徹底解説していきます。数珠は宗教的な側面があるので、処分方法や捨て方はしっかりと理解しておきたいですよね。

ですが、意外にも数珠の処分方法に決まりはありません。とはいえ、そのままゴミとして捨てるのも気が引けるかと思いますので、自分に合った処分方法を見つけましょう。

基本的な処分方法から、数珠の清め方、故人の持っていた数珠の処分方法など幅広く紹介していますので、ぜひとも参考にしてくださいね。

【地域別】遺品整理の詳細をチェック

記事監修者紹介
管理人不用品回収・遺品整理マイスター遺品整理マイスター

一般社団法人遺品整理士認定協会
認定遺品整理士(認定者番号 24283)



不用品回収業者にて1年半の現場業務を経験。その後、作業オペレーティングや不用品のリサイクル・貿易業務に従事し、年間500件以上の不用品回収案件に携わる。
2019年4月より、本メディアをはじめとする不用品回収・遺品整理記事の監修を務める。

遺品整理士認定協会

数珠の基本的な捨て方6選

数珠の基本的な処分方法6選

数珠の基本的な処分方法を6つ紹介します。

数珠の処分方法

  • ゴミとして捨てる
  • 近くのお寺や神社に納める
  • 新しく購入した際に引き取ってもらう
  • 専門業者に郵送して引き取ってもらう
  • 自宅の敷地内で焼却する
  • 自宅の敷地内に埋める

前述したように、特にこれといった決まりはありませんので、自分に合った方法で処分をしてくださいね。それぞれの処分方法を詳しく見ていきましょう。

ゴミとして捨てる

もっとも一般的な方法は「ゴミとして捨てる」です。燃える素材の数珠であれば、燃えるゴミに出して、燃えない素材なら、燃えないゴミに出しましょう。

処分前に数珠を清めるのがポピュラーではありますが、必ずしも数珠を清めなければいけないわけではありません。

清めないと不安に感じる方は、後述する「処分前に行う数珠の清め方や必要性を解説」を参考にしてくださいね。

近くのお寺や神社に納める

近くのお寺や神社に納める方法もあります。お寺や神社によっては、不要になった数珠に回収を行っています。

基本的には無料で利用可能です。「自分で捨てるのは気が引ける」という方は、近くのお寺や神社が数珠の回収をしていないか確認してみましょう。

新しく購入した際に引き取ってもらう

数珠は新しく購入した際に、古い数珠を引き取ってもらえることがあります。もちろん全ての販売店で数珠の回収を行っているわけではありませんが、新しく買い替えるつもりなら、回収を行っているお店で買い替えるのも1つの手ですよ。

また購入をしなくても、数珠を販売している場所では無料で回収してもらえる場合があります。

専門業者に郵送して引き取ってもらう

専門業者に引き取って貰うのも1つの手です。数珠の専門業者は、郵送での数珠回収を行っていることがあります。

送料は自分で負担する必要がありますが、数珠を封筒に入れて送るだけなので非常に楽です。捨てるわけではないので、気が引けることもありません。

近くに数珠を回収してくれる神社やお寺がない場合に利用してみましょう。

自宅の敷地内で焼却する

自宅の敷地内で焼却する方法でも問題ありません。ゴミとして捨てる方法に似ていますが、焼却する前に清めるのが一般的です。

当然ではありますが、燃えない素材の数珠は焼却しないようにしてくださいね。

自宅の敷地内に埋める

自宅の敷地内に埋めるという方法もあります。埋める場合も、清めるのが一般的です。焼却ができない燃えない素材の数珠でも、対応可能ですし、何よりも簡単なのが大きなポイントです。

ただし自宅の敷地内で必ず埋めるようにしてください。そのため、家に庭がない方には、この方法は使えません。外の公園などに埋めるのは、法律違反になる可能性があるので注意しましょう。

故人の数珠はどうする?正しい捨て方3選

故人の持っていた数珠の処分方法

最後に故人の持っていた数珠の処分方法を紹介します。故人の持っていた数珠の場合は、少しだけ処分方法が異なります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

基本的には葬儀の際に棺に入れる

故人の持っていた数珠は基本的に葬儀の際に、棺に入れることになっています。数珠はあの世でも必要なものとされているためです。

そのため故人を思うのであれば、火葬をする前に故人が持っていた数珠は見つけておきましょう。また、反対に自分の持っている数珠も、葬儀の際に一緒に燃やしてもらえるように、エンディングノートなどに数珠を保管している場所を書き記しておくと良いですよ。

遺品整理業者に引き取ってもらう

葬儀の際に棺に入れ忘れてしまった、既に葬儀が終わってしまっている場合は、遺品整理業者に引き取ってもらうのも1つのです。

遺品整理業者は他にも、故人が使っていた、今後は不要になる家具や家電なども回収してもらえるので非常に便利ですよ。

自分で処分する

遺品整理業者に依頼しないのであれば、自分で処分をしてしまいましょう。これまで紹介しているように、数珠は宗教的な側面が強いだけで、実際にはしっかりと処分方法が決まっているわけではありません。

そのため、特に気にならないのであれば自分で処分しても問題ありません。前述した、処分方法から自分にやりやすい方法で処分しましょう。

数珠の捨て方に決まりはあるの?

数珠の処分方法に決まりはあるの?

冒頭でも紹介したように、数珠の処分方法に、これといった決まりはありません。宗教的な側面があるので、数珠の処分に神経質になってしまう方は多いですが、そこまで大きく気にする必要はありません。

そのため、基本的には自分の捨てやすい方法で処分しましょう。

処分前に行う数珠の清め方や必要性を解説

処分前に行う数珠の清め方や必要性を解説

これまで紹介してきたように、数珠は自分で処分する場合は、清めるのが一般的です。そこでここからは、数珠の清め方や必要性を簡単に解説していきます。

数珠の清め方

  • 数珠を清めてから処分しないとバチが当たる?
  • 数珠の清め方

ぜひとも参考にして、本当に清めるべきなのか自分で決めましょう。

数珠を清めてから処分しないとバチが当たる?

数珠は清めてから処分をしないと「バチが当たる」「不謹慎」などと言われますが、基本的に気にする必要はありません。「数珠は念が込められている」などの理由から、清めて処分するのが一般的になったため「バチが当たる」などの信憑性のない噂が出たのだと思われます。

現在、数珠は大量生産されているものが多いので「念が込められている」などの考えは改めたほうが良いでしょう。そのため宗教的な問題で「清めないと不安」という方でない限りは、清めずにそのまま処分してしまいましょう。

数珠の清め方

前述したように、必ずしも数珠を清めなければいけないわけではありません。ですが「とりあえず形式に従いたい」「宗教的・霊的なものが怖い」という方は清め方を覚えておきましょう。

清め方は次の通りです。

数珠の清め方

  • 数珠に対してお経を唱える
  • 塩を数珠にかける
  • 任意の方法で捨てる

特に難しい手順はありません。お経に特に決まりはないそうなので「般若心経」「理趣経」「観音経」など宗派に合わせれば良いかと思います。

後は塩を数珠にかけるだけです。これだけで数珠が清められるとのことなので、あとは素材に合わせて、燃えるゴミや燃えないゴミに捨てましょう。

自宅の敷地内で焼却したり、埋めたりしても問題ありません。ただし、お寺や神社に納める場合や、買い替えの際に回収してもらう場合、郵送で回収してもらう場合などは清める必要はありません。

自分で処分する場合のみ清めましょう。

数珠の処分方法まとめ

本記事では数珠の処分方法についてまとめました。基本的には数珠は塩で清めて処分することになっていますが、宗教的な側面からそのように言われているだけです。

そのため気にならないなら、自分の好きなように処分して問題ありません。燃えるゴミか、燃えないゴミなどの分別には気を付けて処分をしてくださいね。

-->

お問い合わせ

  • tel
  • 無料お見積もり・お問い合わせ
  • 各種カード
  • line
  • img
  • card
tel
  • 無料お問い合わせ
  • line
card
img
tel
  • 無料お問い合わせ
  • line
card
img

遺品整理の対応エリア

areaページ地図

tel

無料お見積もり・ご相談

line

line

無料お見積もり・ご相談

tel

お盆休みに実家を片付けませんか?
今なら24時間受付中!

 

善クリーニングポップアップ

 

善クリーニングポップアップ