負けるなコロナ

負けるなコロナ

コロナにまけるな

【格安の遺品整理業者】善クリーニング

善クリーニング
tel

無料見積もり・ご相談

実家が汚い原因を知って解決する方法!きれいに片付けてリスクを回避

「実家が汚い!どうしてこんなに汚くなったんだろう?」「実家が汚くて、赤ちゃんを連れて帰省したくない」

そのような悩みを抱えている方が多くいらっしゃいます。実家の片付けをしたいけど、親が非協力的でなかなか掃除ができないと悩んでいらっしゃる方のために、実家をきれいにする方法を説明します。

実家をきれいにすることは、親の健康と長生きのためにもとても大切なことです。実家が汚い原因を知って、実家の片付けを始めましょう。
汚い実家をどうにかしたいとお考えの方は、この記事を参考にしてください。

この記事でわかること

  • 実家が汚いのは体力や判断能力の衰えが原因の1つ
  • 汚い状態の実家で生活し続けると体調不良になることも
  • 実家を片付けるには両親と話し合いをすることが大切
  • 自分で実家を片付けるのが難しい場合は業者に依頼するのが無難
記事監修者紹介
管理人不用品回収・遺品整理マイスター遺品整理マイスター

一般社団法人遺品整理士認定協会
認定遺品整理士(認定者番号 24283)



不用品回収業者にて1年半の現場業務を経験。その後、作業オペレーティングや不用品のリサイクル・貿易業務に従事し、年間500件以上の不用品回収案件に携わる。
2019年4月より、本メディアをはじめとする不用品回収・遺品整理記事の監修を務める。

遺品整理士認定協会
コメント執筆者紹介
ブロガー・筆子さんブロガー

筆子さん

カナダ在住の60代主婦ミニマリスト。2015年2月にブログ「筆子ジャーナル」を開設。片付けや節約に関する情報を発信し、月間45万人が閲覧する人気ブログとなる。著書「本当に心地いい部屋 ものが少ないからくつろげる、満たされるから帰りたくなる」(大和出版) ほか。

◆公式ブログ:https://minimalist-fudeko.com/

実家が汚い原因は?

実家が汚い原因は?

子供時代に家族と住んでいた頃は実家はこんなに汚くなかったはず。なぜこんなに実家が汚くなったのか、まずはその原因を知って対処方法を考えていきましょう。

実家が汚い原因

  • 親が年をとって体力がなくなった
  • 親が年をとって認知力が低くなった
  • もともとモノを捨てるのが苦手
  • 独居生活でネグレクトになっている
ブロガー・筆子さん
ブロガー・筆子さん
89歳になる私の母も実家で一人暮らしをしていますが、家が汚いので里帰りするたびに私が掃除をしています。母は目が悪くなってゴミが見えないし、昔は家族4人で住んでいた広い家だから、掃除の手が回らない面もあるのでしょう。

親が年をとって体力がなくなった

以前はこんなに汚くなかったのなら、親の体力が衰えてきたことが考えられます。片付けや掃除にはそれなりの体力が必要です。加齢によって筋肉量が落ちてきて、体を動かすことが億劫になってきた結果、掃除や片付けをしたいという気持ちも低下してしまいます。

また片付けたいと思っても、体が思うように動かないために実行できず少しずつ汚れが蓄積してしまうのです。

親が年をとって認知力が低くなった

歳をとると体力だけではなく、認知能力も落ちてきます。必要なものと不要なものを区別することができなくなり、不用品が実家に蓄積されてきます。

脳内にはたくさんのニューロンがシナプスによって繋がっています。シナプスには記憶が蓄積されているのですが、60歳以上になると約20%減少してしまうそうです。厚生労働省によると65歳以上では5人に1人の割合で認知症を発症しているということです。

認知症にならなくてもだんだんと現状を認識しにくくなります。そのため不用品を捨てられずにモノが増え、その状態がさらに認知能力の低下の原因になってしまいます。
参考:認知症 みんなのメンタルヘルス(厚生労働省)

もともとモノを捨てるのが苦手

若くてもモノがどんどん増えている人もいらっしゃいます。もともとモノを捨てることが苦手な人たちです。モノを捨てることが苦手な人たちは、加齢によりさらに捨てられなくなってしまいます。

モノを捨てることが苦手な人は、モノに対する思い入れが大きい優しい人たちです。無理に捨てるように強制すると、悲しい気持ちになってしまうので注意が必要です。

独居生活でネグレクトになっている

独居生活をする高齢者にネグレクト傾向が見られます。
もともとネグレクトになりやすいの方は特に注意が必要です。ライフイベントや社会環境の変化がプラスされ、無気力になった結果、生活機能が低下しネグレクトになってしまうのです。

ネグレクトになると、汚い部屋がさらにゴミ屋敷と化していきます。気持ちもネガティブになるので、この悪い連鎖を断ち切るために部屋の片付けが必要です。

実家が汚いリスク

実家が汚いリスク

実家が汚いとさまざまなリスクが生じます。どのようなリスクがあるのかを見ていきましょう。

実家が汚いリスク

  • 両親が転んで怪我をする可能性が高まる
  • 生活クオリティーが下がる
  • 必要なものが見つからない
  • 結婚相手に対して恥ずかしい
  • 帰省したくなくなる
ブロガー・筆子さん
ブロガー・筆子さん
物だらけの実家で、一番心配なのは物につまづいて親が怪我をすることですね。高齢者の転倒事故が一番多いのは、居室ですから。物は少ないほうが、地震や火事があったときも、通路を確保でき、最短距離を逃げることができますね。

両親が転んで怪我をする可能性が高まる

実家が汚いということは、モノがあふれているということです。床にも不要なものが散らばっており、足の踏み場もない状態になっているため、転倒する可能性が高まります。

高齢になると歩幅も小さくなりほんの小さな段差でもつまずいてしまうため、簡単に跨ぐことができそうなものでも障害になりやすいのです。

骨がもろくなっている人も多く、転倒しただけで骨を折ってしまうことも少なくありません。50歳の女性の3人に1人は骨粗しょう症になっているという統計があります。それほど骨が弱っている人は多い傾向なので、注意が必要です。

また令和4年版高齢社会白書によると介護が必要になった原因として「骨折・転倒」が13.0%で認知症や脳卒中、衰弱に次いで4位でした。要介護にならないためにも、部屋をきれいに保ちたいものです。

生活クオリティーが下がる

汚い実家ではゆっくりくつろいで午後のお茶の時間を楽しむことも難しいでしょう。生活空間が汚いと生活クオリティーが下がってしまいます。友人や親戚を家に招くこともないので、だんだん交際範囲も狭くなることもデメリットです。

また汚いまま放置していると異臭やかび、雑菌、害虫が増えて不衛生な環境を作り出すことになります。不衛生な環境にいるとアレルギーやぜんそくの原因にもなり、アレルギー体質ではなくても体調不良の原因にもなります。

また精神衛生面でも悪影響で、ストレスがたまり疲れが蓄積されてしまいます。健康的な生活のためにも実家をきれいにしたいものです。

必要なものが見つからない

部屋に物があふれてゴミや不用品、必需品が区別できない状態で置かれていると必要なものが見つからなくなります。必要なものを探すのに時間がかかって、それだけで疲労がたまってしまいやる気がなくなることもデメリットです。

急に親が入院することになるといったことがあると、印鑑や契約書などが必要になることもあるので整理整頓をして貴重品等を確保しておきましょう。

またあまりに散らかっていると貴重品を盗まれても気づかないままになるので気をつけましょう。

結婚相手に対して恥ずかしい

実家が汚いと結婚相手を両親に紹介するために実家へ連れて行きにくくなります。実家が汚いと結婚相手に見せるのが恥ずかしいと感じる人も多いです。

また汚い実家を見て結婚相手としてどうなのかなと感じる場合もあるでしょう。汚い実家を見て、将来のマイホームを想像して結婚生活に不安を感じ結婚が破談になることもあります。

帰省したくなくなる

実家に帰ることが負担になります。汚い実家だと、特に赤ちゃんや幼児を連れての帰省に不安を感じます。衛生面でなんらかの影響が子供にあるのではないかと不安を感じることは自然なことです。特に普段は子供のためにしっかり掃除をしたきれいな家に住んでいると、汚い実家は不快です。

しかし、帰省して両親に会いたいと思うのは自然なことなので、ついつい家が汚いと注意しがちです。それが原因で親子喧嘩になることも。
ご両親を説得して実家をきれいにしたいですね。

汚い実家を掃除する方法

汚い実家を掃除する方法

実家を片付けてきれいにしようと思っても、実家は親の住居です。勝手に掃除を始めると親の機嫌が悪くなって喧嘩になり片付けられません。
ここでは汚い実家を掃除する方法を順を追って説明します。

実家を掃除する方法

  • コミュニケーションを取って親を説得する
  • とりあえずゴミをまとめて捨てる
  • 1ヶ所を徹底してきれいにする
  • 業者に依頼する
ブロガー・筆子さん
ブロガー・筆子さん
実家の片付けを「つらくて困難な作業」と思わないほうがいいですね。里帰りをするたびに、母と実家の片付けをしていますが、古い物が出てくると、思い出話に花が咲き、いいコミュニケーションの機会になっています。

コミュニケーションを取って親を説得する

まず、大切なことは親に納得してもらうことです。親だけで片付けるのではなく、片付けを一緒に協力していくことを約束すると安心してもらえます。

もったいない、思い出があるといった理由で捨てられなくなるものが蓄積されていますが、処分を強制してはいけません。とりあえず、種類別に箱に入れていきましょう。

まずは動線を作って、親が転ばない環境を作ることから始めてください。仕分けしながら、思い出話をして、仕分け作業を楽しいものにしていくことが大切です。

とりあえずゴミをまとめて捨てる

親の許可もなく勝手に不要だといってモノを処分することはおすすめできませんが、明らかにゴミになっているものはどんどん処分してください。

カビが生えたみかんの皮や印字が見えなくなった領収書などほとんど意味のないものもあります。そのようなものをゴミ袋に入れていくだけで、床に散らばっているものが片付いていきます。

1ヶ所を徹底してきれいにする

実家の片付けの目標は、実家全体をきれいにすることですが、まずは1ヶ所を徹底的に片付けてみましょう。場所はどこでもいいのですが、例えばキッチンなら片付けることで使いやすくなり料理を作ることが楽しくなるでしょう。片付けることのメリットを感じてもらえます。

お風呂やトイレなどすぐに片付けられる場所もおすすめです。
あまり使わない部屋があれば、そこに不用品候補となるものをまとめて置くようにすると片付けが捗ります。

業者に依頼する

少しずつ部屋を片付けて、親もきれいな部屋での生活が快適だと納得したら業者に依頼すると片付けがスムーズになります。

親が納得したら不用品も処分したいものですが、行政のサービスで処分しようとすると回収日に実家にいなくてはいけないなど負担が大きいです。また大量の不用品を屋内から運び出すだけでも大変です。

生前整理のサービスを提供している不用品回収業者なら、高齢者の気持ちに寄り添ってていねいに仕分けをしてくれます。回収したあとのハウスクリーニングにも対応しているので、汚い実家が信じられないほどきれいになりますよ。

汚い実家の片付けを業者に依頼する場合の注意点

汚い実家の片付けを業者に依頼する場合の注意点

実家を片付けることに親が納得したら、業者に依頼するとスムーズです。不用品を処分するにしても、ご負担がありません。業者に依頼するなら、業者に依頼する際の注意点を知っておきましょう。

相場料金を知っておこう

汚い実家の片付けを業者に依頼するなら、まず相場を知っておきましょう。間取り別の相場料金を表にしたので参考にしてください。

■一軒家の場合

間取り 料金目安(円)
1DK 30,000〜120,000
1LDK 60,000〜150,000
2DK 80,000〜230,000
2LDK 90,000〜300,000
3DK 100,000〜350,000
3LDK 150,000〜500,000
4LDK以上 200,000〜750,000

■マンションの場合

間取り 料金目安(円)
1DK 30,000〜90,000
1LDK 50,000〜130,000
2DK 70,000〜170,000
2LDK 90,000〜240,000
3DK 110,000〜310,000
3LDK 130,000〜400,000
4LDK以上 160,000〜550,000

料金に幅があるのは、同じ広さでもゴミの量に差があるためです。ご自分でできることを先に済ませておくと、料金が抑えられます。

生前整理を進める時の注意点

生前整理という言葉を使うと誤解されることがあるので注意が必要です。まるで年寄り扱いされているように感じて、気分を害する可能性があります。

親が自分から生前整理という言葉を使って生前整理をしたいと言う場合を除いて、生前整理という言葉をできるだけ使わないようにしましょう。

汚い実家の整理整頓をするにはご紹介したリスクを強調して、片付けることのメリットを強調することが大切です。例えば「転倒して怪我をする可能性があるので、一緒に片付けよう」と誘ってみてください。

親を説得するためにじっくり時間をかけて、決して焦らないようにしましょう。部屋をきれいにすることで暮らしやすくなることを強調し、模様替えをして気分を一新できることを理解してもらいましょう。

業者選びの注意点

業者によって料金とサービス内容は異なるので、複数の業者に相見積もりを依頼し比較して業者を選んでください。相見積もりをすれば適正料金の業者がわかるだけではなく、来てくれるスタッフの態度なども確認できるため信頼できる業者を選べます。

業者選びの注意点

  • 出張による見積もりが無料
  • 電話・メールでの問い合わせにていねいに答えてくれる
  • 見積もりを文書で明確に提示してくれる
  • 不用品の仕分けや運び出し、取り外し工事、解体、撤去後のハウスクリーニングといったサービス
  • まだ利用できるものは買取をしてくれる

業者なら行政の粗大ごみ回収サービスでは処分できないものも、幅広く対応してくれるので負担が少なくなります。買取サービスのある業者に依頼すれば、使わなくてももったいなくて捨てられないものも納得して処分できるでしょう。

コメント執筆者より

ブロガー・筆子さん
ブロガー・筆子さん
年々、平均年齢が延びているので、最晩年に自宅を出て介護ホームや高齢者住宅に転居する高齢者が増えています。将来のダウンサイジングを見越して、実家の片付けは早めに着手するほうがいいですね。先延ばしするとますます物がたまります。

実家が汚いリスクを考えて業者に相談

実家が汚いリスクを考えて業者に相談

実家が汚いと帰りたくなくなるだけではなく、親の健康にも被害が多いというデメリットがあります。誰もいないときに転倒して怪我をしてしまっては大変です。助けを求められずにそのままということにもなりかねません。

親の立場になって実家が汚い原因を理解し、親を説得して片付けるようにしましょう。片付ける工程でコミュニケーションを取り、親を理解するようにすれば部屋が片付くだけではなく前向きな気持ちになってくれます。

部屋が片付いて気持ちよく生活してもらうためにも、実家をきれいにしましょう。負担になることは業者に依頼すれば、スムーズです。

実家の片付けの関連記事

-->

お問い合わせ

  • tel
  • 無料お見積もり・お問い合わせ
  • 各種カード
  • line
  • img
  • card
tel
  • 無料お問い合わせ
  • line
card
img
tel
  • 無料お問い合わせ
  • line
card
img

遺品整理の対応エリア

areaページ地図

tel

無料お見積もり・ご相談

line

line

無料お見積もり・ご相談

tel