負けるなコロナ

負けるなコロナ

コロナにまけるな

【格安の遺品整理業者】善クリーニング

遺品整理・生前整理の善クリーニング|優良事業所認定のプロにお任せください
tel

無料見積もり・ご相談

遺品整理で衣服はどうすべき?罪悪感を感じる方におすすめの方法をご紹介

遺品整理で出てきた衣類は、故人が大事にしていたものも多いので、処分して良いのか扱いに困る方は多いのではないでしょうか。そこで本記事では、遺品整理での衣類の扱い方・処分方法を解説していきます。

罪悪感を感じて処分できない方におすすめの方法なども紹介していますので、ぜひとも参考にしてくださいね。

【地域別】遺品整理の詳細をチェック

記事監修者紹介
管理人不用品回収・遺品整理マイスター遺品整理マイスター

一般社団法人遺品整理士認定協会
認定遺品整理士(認定者番号 24283)



不用品回収業者にて1年半の現場業務を経験。その後、作業オペレーティングや不用品のリサイクル・貿易業務に従事し、年間500件以上の不用品回収案件に携わる。
2019年4月より、本メディアをはじめとする不用品回収・遺品整理記事の監修を務める。

遺品整理士認定協会
zenのcta
 
tel
  • 無料お問い合わせ
  • line
card
  善クリーニングメディア掲載実績 

遺品整理で衣類を扱う前にするべきこと

遺品整理で衣類を扱う前にするべきこと

まずは遺品整理で衣類を扱う前にするべきことを紹介します。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

エンディングノート・遺言書を確認する

まずはエンディングノートや遺言書を確認しましょう。故人様がエンディングノートや遺言書を書いている場合は、残された衣類の扱いについて記載されているかもしれません。

衣類の扱いに限らず、遺品整理をする上で重要な事項も記載されていることが多いので、必ず確認しておきましょう。関連記事|エンディングノートの書き方

重要書類をまずは確保する

衣類をどのように扱うにしろ、遺品整理をする際は重要書類を先に確保しておきましょう。重要書類を先に確保しておかないと、処分した衣類に重要書類が紛れ込んでいる可能性があります。

まずは重要書類を確保して、のちのち困ることの無いようにしておきましょう。

自分一人で扱わない

衣類などの遺品は、自分一人で勝手に扱わないようにしましょう。不要だからといって、自分一人で判断して捨ててしまうと、後で親族から「処分してほしくなかった」「自分が身につけたかった」と言われてしまう可能性があります。

親族に「遺品整理で衣類が余っているけどどうする?」と一声かけてから扱いましょう。

遺品整理で衣類を分類するときの流れ

遺品整理で衣類を仕分けていくときは、親族やご家族に確認しつつ残しておくもの・処分するもの・保留しておくものの3つに分けましょう。

>遺品整理で衣類をするとき

  • 残しておくもの:形見分けや家族が保管しておくもの、売却する衣類など
  • 処分するもの:劣化していたり誰も使う予定のない衣類など
  • 保留しておくもの:故人が愛用していたり処分するか悩む衣類

3つの基準で衣類を仕分けていくと遺品整理をスムーズに進められます。残しておくか処分するかを一度に判断しようとすると悩んでいるうちに、時間が経ってしまいます。

保留することにより気持ちの整理がついてからゆっくりと判断できます。処分するか悩む衣類がある場合は、保留にしておきましょう。関連記事|遺品整理の仕方

遺品整理で衣類を処分する方法

遺品整理で衣類を処分する方法

遺品整理で衣類を仕分けて不要と判断したものは処分しましょう。基本的な衣類の処分方法は以下の通りです。

それぞれ詳しく解説していきますね。

自治体のルールに従ってゴミとして出す

最も一般的な方法が自治体のルールに従ってゴミとして出す方法です。基本的に衣類は資源回収で処分します。

自治体で衣類を資源回収していない場合は、燃えるゴミとして、ゴミ袋に詰めて指定日に出しましょう。

古着屋に売る

古着屋に売るのも1つの手です。ただし古着屋に売っても、流行りの服やブランド品でない限りは、1円や10円程度にしかなりません。

そのため、売りに出すことに手間を感じるのであれば、自治体にゴミとして出したほうが手っ取り早いですよ。

ブランド品で状態の良い服は高値で売れる可能性があります。ほこりを被っていたり、臭いがついていたりする衣類は宅配クリーニングなどを利用して、きれいにしておくと良いでしょう。

フリマアプリ・ネットオークションに出品する

フリマアプリやネットオークションに出品するのも1つの手です。フリマアプリやネットオークションなら、古着屋と違ってそれなりの料金で売れることがあります。

ただし、送料などをしっかり把握して値段設定をしなければいけませんし、発送の手間もかかるので時間に余裕がある人向けの処分方法といえます。関連記事|遺品整理にメルカリを利用できる?

罪悪感によって遺品整理で衣類を処分できない方におすすめの方法

罪悪感によって遺品整理で衣類を処分できない方におすすめの方法

衣類を処分するのに罪悪感を感じてしまう方は、以下の方法を試してみてください。

ひとつひとつ詳しく見ていきましょう。

家族・親族に譲る

家族だけでなく、遠い親族にも故人の衣類が必要な人が居ないか確認してみましょう。故人の衣類を処分することなく、引き継いで貰えるので罪悪感は一切感じません。

また手間もそこまでかからないので、非常におすすめですよ。

寄付する

寄付をするという手もあります。遺品整理などで持て余している衣類は、さまざまな団体に寄付できます。

送料などがかかる可能性は高いですが、罪悪感なく衣類を手放せますよ。譲る相手がいない場合は寄付を検討してみましょう。

供養する

寄付以外にも、供養をして手放す方法があります。故人の思い入れが強い、人形やぬいぐるみをお焚き上げして供養するように、衣類もお焚き上げで供養できます。

昔ながらの日本の風習として存在する処分方法なので、罪悪感を感じることは一切ありません。費用は5,000円から10,000円ほどです。関連記事|遺品は供養するべき?

遺品整理業者に処分してもらう

遺品整理業者に依頼して、遺品整理を手伝ってもらう予定なら、そのまま遺品整理業者に故人の衣類を回収してもらえます。結局は遺品整理業者が処分することになるので、罪悪感が一切ないわけではありません。

ですが、自分で処分するわけではありませんし、正式な業者に依頼しているので、そこまで気にする必要は無いかと思います。遺品整理の依頼と同時にそのまま衣類を処分してもらえるので、非常に楽なのが大きな特徴です。

>>遺品整理の善クリーニング サービス詳細へ

不用品回収業者に処分してもらう

既に遺品整理が終了して、衣類などの不用品が残っている状態なら、不用品回収業者に依頼しましょう。遺品整理業者同様に、正式な業者に依頼しているので、罪悪感はそこまで感じませんよ。

料金は不用品の量が多ければ多いほど高くなりますが、衣類だけでなく家具や家電なども、まとめて処分できるのが大きな特徴です。

遺品整理で出た衣類を処分する前にしておくべきこと

遺品整理で出た衣類を処分する前にしておくべきこと

遺品整理で出た衣類を処分する場合は、以下を事前にしておくことをおすすめします。

遺品整理で出た衣類を処分する前にすべきこと

依頼してから後悔する可能性をさげられるので、必ずチェックしてくださいね。

衣類を写真に撮っておく

衣類を写真に撮っておくと、あとから故人の着ていた衣類を写真を通じて眺められます。そのため、名残惜しさを感じることなく処分できます。

ちなみに遺品整理の衣類に限らず、捨てたいけど捨てられないものは写真を撮ってデータとして保管しておくことで、気持ちの整理がついて捨てられるようになりますよ。

他に不用品がないか確認する

衣類以外に不用品が無いか確認しておきましょう。前述したように、業者に依頼する際は処分する不用品が多ければ多いほど、料金は高くなりますが、まとめて処分をしたほうが割安になります。

特に大型の家具や家電などは、自分で処分をするには大変なので、業者に回収してほしいものは、事前に確認しておきましょう。

悪徳業者に注意する

遺品整理業者や不用品回収業者の中には、一部悪徳業者がまぎれています。見積もり時とは違う高額な料金を請求されたり、出張料金や見積もり料金を請求したりする業者なども存在します。

依頼時には必ず「出張料金は無料か」「見積もり料金は無料か」「出張見積もり後キャンセルをしても料金はかからないか」を電話受付時に確認しておきましょう。

また、可能であれば口コミが良い大手の業者を選ぶことをおすすめします。口コミが極端に少ない業者や、会社名を調べても情報が少ない業者には注意しましょう。

衣類の遺品整理でよくある質問

最後に衣類の遺品整理でよくある質問をまとめました。遺品整理を始める時期や処分方法にお悩みの方は参考にしてくださいね。

衣類の遺品整理でよくある質問

  • 亡くなった人の衣類を処分する時期はいつがいい?
  • 亡くなった両親の服をどうしても捨てられないときは?
  • 亡くなった人の衣類はどうすればいい?

亡くなった人の衣類を処分する時期はいつがいい?

亡くなった人の衣類を処分する時期に明確な答えはありませんが、四十九日や百日法要、一周忌の後に行うのが一般的です。

法要の日は親族が集まる機会なので、遺品整理や形見分けの話し合いができます。

勝手に遺品整理をするとトラブルに発展することもあるため、話し合いをしてから衣類の遺品整理を始めましょう。

亡くなった両親の服をどうしても捨てられないときは?

亡くなった両親の服を捨てられない場合、写真を撮影して手放す方法があります。衣類は枚数が多く、形見分けをしても処分に困る方は少なくありません。

写真に撮影しておくといつでも見返すことができるので、安心感を得られます。

ただし、思い入れのある衣類は処分してから後悔する可能性もあるので、そのまま保管しておくのも1つの手段です。

なかには手芸に利用したり、ぬいぐるみを作ったりする方もいます。

お焚き上げで神社やお寺で焼いてもらう方法もあるので、上記の処分方法を参考にしましょう。

亡くなった人の衣類はどうすればいい?

亡くなった人の衣類はお気に入りだったものだけ残して、あとは処分するという選択をされる方が多いです。

  • 一般ごみに出す
  • 買取に出す
  • 寄付やリサイクル活動を行う
  • お焚き上げをする

衣類を処分するにもいくつか方法があります。

エンディングノートなどで亡くなった人の意思が書かれていない場合は、親族の方と話し合い衣類の遺品整理を進めましょう。

遺品整理なら善クリーニングにお任せください

遺品整理を検討されている方は善クリーニングにお任せください。善クリーニングは遺品整理・生前整理で「安心」をお約束します。亡くなられた方の洋服や大切な遺品を1つ1つ丁寧に仕分けさせていただきます。

遺品の片付けや運び出しだけでなく、供養や生前整理までご依頼者のご負担を軽くできるよう努めております。遺品整理だけでなく特殊清掃やハウスクリーニングなど様々なお困りごとに対応しておりますので、小さな事柄でもお気軽にご相談ください。
 

zenのcta

遺品整理の善クリーニングをご利用いただいたお客様の作業事例1

遺品整理の善クリーニングをご利用いただいたお客様の作業事例

Before

遺品整理の善クリーニングをご利用いただいたお客様の作業事例

After

担当者コメント

遺品整理のお手伝いをさせていただきました。故人様との大切な思い出の品もございましたので、1つずつ丁寧に仕分けていきました。ご依頼いただいたお客様より、丁寧に対応していただき本当にありがとうございましたとのお言葉を頂戴いたしました。

遺品整理の善クリーニングをご利用いただいたお客様の作業事例2

遺品整理の善クリーニングをご利用いただいたお客様の作業事例

Before

遺品整理の善クリーニングをご利用いただいたお客様の作業事例

After

担当者コメント

遺品整理をご依頼いただきました。あらかじめ遺品の仕分けや不要な物をの処分を行ってくださっていたため、搬出のみの作業となりました。遺品の搬出やご供養にお困りの方は、善クリーニングにご相談ください。

衣類の遺品整理まとめ

衣類の遺品整理まとめ

本記事で紹介したように、遺品整理時に出てきた衣類はさまざまな方法で処分できます。処分前にはエンディングノートや遺言書を確認して、故人の思いを汲み取ることを忘れないようにしましょう。

もし処分の踏ん切りがつかない場合は、衣類を写真に撮っておくと、気持ちの整理がつきますし、思い出としても残ります。無理をせずに、自分に合った方法で衣類の処分を進めてくださいね。

関連記事

tel

無料お見積もり・ご相談

line

line

無料お見積もり・ご相談

tel