負けるなコロナ

負けるなコロナ

コロナにまけるな

【格安の遺品整理業者】善クリーニング

遺品整理・生前整理の善クリーニング|優良事業所認定のプロにお任せください
tel

無料見積もり・ご相談

遺品整理と特殊清掃って何が違う?相場や注意点を徹底解説!

AAさん
AAさん
遺品整理と特殊清掃って何が違うの?相場っていくらなの?

このような疑問をお持ちではないでしょうか。そこで本記事では遺品整理と特殊清掃の違いや相場、注意点などを徹底解説していきます。

特に遺品整理と特殊清掃は料金はしっかりと確認していないと、相場よりも圧倒的に高額な請求をされることは少なくありません。ぜひとも本記事を参考にしていただき、信頼できる業者に依頼できるようになりましょう。

この記事でわかること
  • 遺品整理は故人の遺品を片付けること
  • 特殊清掃は専門の洗剤や器具を用いて清掃すること
  • 亡くなられた方の状況によっては特殊清掃が必要
  • 遺品整理業者の中には特殊清掃に対応しているところも

記事監修者紹介
管理人不用品回収・遺品整理マイスター遺品整理マイスター

一般社団法人遺品整理士認定協会
認定遺品整理士(認定者番号 24283)

不用品回収業者にて1年半の現場業務を経験。その後、作業オペレーティングや不用品のリサイクル・貿易業務に従事し、年間500件以上の不用品回収案件に携わる。
2019年4月より、本メディアをはじめとする不用品回収・遺品整理記事の監修を務める。

遺品整理士認定協会

遺品整理と特殊清掃の違いは?

遺品整理と特殊清掃の違い

まずは遺品整理と特殊清掃の違いについて解説していきます。遺品整理と特殊清掃は全くの別物です。

結論から言えば、遺品整理は故人様が亡くなった際に家に残った遺品を片づけることです。特殊清掃は遺体が発見された部屋の清掃を行うことです。

遺品整理と特殊清掃の違い

  • 遺品整理とは
  • 特殊清掃とは

それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

遺品整理とは

遺品整理とは故人様が亡くなった際に、家に残った遺品を片づけることを言います。故人様が家を持っているのなら、亡くなった場所に関係なく、家にはさまざまなものが残ったままになっているかと思います。

その残った遺品を処分したり、売ったり、引き継いだりと仕分けをすることを遺品整理と言います。遺品整理は自分で行う場合もあれば、業者に依頼して手伝ってもらいながら処分したりすることもあります。

特に必要な遺品が無い場合は、不用品回収業者に全ての遺品を引き取ってもらうことも可能です。

特殊清掃とは

特殊清掃とは遺体が発見された部屋の清掃を指します。故人様が孤独死した場合は、部屋の中に汚物や害虫がいたり、臭いが強かったりと一般の方では清掃できない状態になっていることが多々あります。

自殺や殺人なども同様で、一般の方では物理的にも心理的にも対応ができない場合に特殊清掃を依頼することが多いです。近年の少子高齢化の流れから高齢者の孤独死が多くなっているため、特殊清掃の需要は非常に増えています。

特殊清掃を依頼することは、何も悪いことではないので、自分では手に負えないと思ったら迷わず業者へ依頼することが大事です。

特殊清掃と遺品整理は業者を使おう

特殊清掃と遺品整理は業者を使おう

特殊清掃と遺品整理どちらも自分で行うことはできますが、業者を使うと非常に楽です。特に特殊清掃は一般の方では心理的にも物理的にも厳しい面があるので、業者に依頼することがほとんどです。

また特殊清掃と遺品整理はどちらも同じ業者にまとめて依頼できることが多いので、特殊清掃が必要になったらそのまま、同じ業者に遺品整理もお願いする方は少なくありません。

無理して自分一人で行わずに、業者の力を借りて、少ない負担で故人様との思い出を消化していきましょう。

遺品整理と特殊清掃を依頼するときの料金相場

遺品整理と特殊清掃を依頼するときの料金相場

ここからは遺品整理と特殊清掃を依頼した際の相場について解説していきます。

遺品整理と特殊清掃を依頼した際の相場

  • 遺品整理の相場
  • 特殊清掃の相場
  • 同時に依頼した際の相場

以上の3つのパターンに分けて紹介します。相場をしっかりと理解していないと、高額に請求される恐れがあるので、ぜひとも参考にしてくださいね。

遺品整理の相場

遺品整理の相場は以下の通りです。

間取り 相場
1R 30,000~50,000円
1K 40,000~80,000円
1DK・1LDK 60,000~150,000円
2DK・2LDK 100,000~200,000円
3DK・3LDK 150,000~300,000円
4LDK以上 200,000~

間取りによって相場は異なり、また遺品の量によっても相場は大きく異なります。また、これらの料金は、遺品のなかの不用品を回収する料金も含まれています。

そのため、遺品整理をしても、回収品が少なければ相場よりも低くなることもあります。他にも、遺品の中に買取品があればその分料金は低くなりますし、貴重品の捜索をすることになれば、その分料金は高くなります。

このように場合によって料金は大きく変わるため、業者とよく相談、見積もりをして総額いくらぐらいになるのか事前に確認しておきましょう。

特殊清掃の相場

特殊清掃は清掃に行う作業や、清掃する箇所の広さによって大きく料金が異なります。また死後から時間がたてばたつほど、清掃にかかる時間も長くなるため、料金が高くなります。

そのため料金の相場としては非常に幅が広く50,000~300,000円ほどになります。一般の方では料金の判別がつきづらいので、さまざまな業者の口コミを良く見て、安心できる業者を依頼するようにしましょう。

遺品整理と特殊清掃を同時に依頼した際の相場

特殊清掃と遺品整理を同時に依頼した際の相場は、別々に頼むよりも、10,000~30,000円ほど安くなります。交渉次第では更に安くしてもらえる可能性もありますので、一度業者に見積もりをしてもらうと良いですよ。

見積もりをする際も、業者によっては安く提示して後から高額の請求をされる恐れがあるので、事前に口コミを調べて、信頼できる業者を選ぶことが大事です。

遺品整理や特殊清掃を依頼する際の注意点

遺品整理や特殊清掃を依頼する際の注意点

最後に遺品整理や特殊清掃を依頼する際の注意点を紹介していきます。

遺品整理や特殊清掃の注意点

  • 料金をしっかりと確認する
  • 自分でできるレベルなら依頼しない
  • 口コミが見つからない場合は要注意

遺品整理や特殊清掃は高額な請求をするような業者も数多くありますので、しっかりと注意点を確認して後悔することの無いようにしてくださいね。

料金をしっかりと確認する

遺品整理や特殊清掃は料金をしっかりと確認することが大事です。特に、見積もり費用や、出張料金などが発生するかどうかを確認することが重要になります。

「見積もりを無料のつもりで依頼したら料金がかかった」「見積もりだけで依頼する気は無かったのに作業をキャンセルするなら出張料金がかかると言われた」など、このような事例はあとを絶ちません。

料金に偽りはないか、他に追加の料金はかからないか、ホームページをしっかりと確認して対策をしておきましょう。

自分でできるレベルなら依頼しない

遺品整理や特殊清掃は自分でできるレベルであれば、依頼をする必要はありません。特殊清掃は一般の方ではできないというイメージがありますが、心理的・物理的にキツイと感じないのなら、自分で行っても問題はありません。

遺品整理に至っては、自分でコツコツ進めていけば、難しい作業はほとんどなく、終わらせられます。大型の家具や家電は処分するのに一苦労するかもしれませんが、遺品の仕分けだけを行って、不用品の回収のみを業者に依頼することも可能です。

自分でできる範囲は自分で行うことで、費用を大幅に抑えられますよ。

口コミが見つからない場合は要注意

業者に依頼する際、口コミが見つからない場合は注意しましょう。遺品整理や特殊清掃を依頼する際に、最も重要なのは口コミです。

口コミがない場合は、運営実績が短いため信頼できない可能性が高いです。Twitterや口コミのまとめサイトなどを確認して、口コミが見つからない業者は避けておくのが無難でしょう。

また口コミがあったとしても、サクラばかりである可能性も否めないので、良い口コミばかりを探すのではなく、悪い口コミを参考に自分に合っている業者を選ぶと後悔しにくいですよ。

遺品整理と特殊清掃の違いまとめ

遺品整理と特殊清掃は全くの別物ですが、業者に一括で依頼できることが多いです。そのため業者に依頼する際は、一括での依頼をおすすめします。

ただし、遺品整理と特殊清掃を行っている業者は、信頼できない業者が多いのも事実です。口コミや料金などをしっかりと確認して、後悔のないように業者を選んでくださいね。

遺品整理の関連記事

tel
  • 無料お問い合わせ
  • line
card
img

遺品整理の対応エリア

areaページ地図

北海道地方

tel

無料お見積もり・ご相談

line

line

無料お見積もり・ご相談

tel